• ホーム
  • 女性用バイアグラのは本当に効果があるの?

女性用バイアグラのは本当に効果があるの?

2020年08月17日

性の悩みを感じているのは男性ばかりではありません。
女性も不感症や性欲低下してしまう事で、パートナーとの関係がうまくいかないという悩みを持っている方も多いです。
人に相談しづらい悩みでもありますが、解決方法はありますので一人で悩まずにその対策をしてみましょう。

まず効果が高いと言われているのが女性用バイアグラです。
どういった効果があるかと言いますと、服用することによって女性器周囲の血流をよくし、膣内に潤いを与えて、セックスでイケないとお困りの場合にその対策になります。
血流を良くする事で潤いが与えられますので、挿入時の痛みを感じていることが原因の不感症となっているケースにも対応可能です。
また興奮度を高めると言った効果も見られますので、性欲が低下しているときにも、飲み始めて30分ぐらいして性的刺激を与えられることでさらに興奮状態も高まっていく事も期待できます。

女性用バイアグラのラブグラは、男性用のバイアグラと同じ成分が配合されていますが、その効能は男性と出方が異なります。
媚薬と言われている医薬品を含まないものも使われることが有りますが、媚薬と医薬品とでは配合されている成分も異なりますので、その分効果の大きさにも違いが出てきます。

ジェネリック薬品ですので薬価は男性用のバイアグラよりも若干お手頃な価格で購入することが出来ます。
自己判断での利用となりますので、副作用などのリスクについても事前に確認をしてから使うことが大事です。

ラブグラは性的興奮障害やオーガズム障害といった悩みに対応できる薬ですが、飲み方のポイントもおさえていきましょう。
まず空腹時に服用するというのがポイントです。
効果は4~6時間ほど持続しますが、性的刺激を与えられたり、興奮が高まった時に作用します。
ですから何もない状態では効果が有りませんので要注意です。
血流が促進されることで、クリトリスも敏感になりますので感度も高まります。

女性用バイアグラの副作用と入手方法

女性用の精力剤や媚薬というのは、男性用の物と比較すると種類も少ないのですが、代表的なものとして女性用バイアグラと言われているラブグラがあげられます。
男性用のバイアグラと成分がほとんど同じという事で、女性用バイアグラと言われていて、バイアグラのジェネリック薬品です。

通販での購入は、外国製品ということもあり、個人輸入が主流です。
個人輸入といっても代行業者を使った通販になりますので、一般的な通販とあまり変わらずお手軽に購入が可能です。
代行業者によって料金の設定が若干違いますので、サイトなどで比較をしたり、信頼性の高い業者を使う事も大事なポイントです。

女性用バイアグラ、ラブグラの気になる副作用ですが、血流に作用する薬という事で、顔のほてりや鼻づまり、まためまいや頭痛、動悸や息切れと言った症状が稀に出てしまうことがあります。
しかし、服用方法や量をきちんと守って使えばそこまで心配することはありませんし、使用を中止すれば副作用は消えることが多いです。
お酒がまわってすこしふわふわするような感覚が感じられる程度の方もいますし、軽度のことが多いのであまり心配することはありません。
全くリスクなく使えるというわけではありませんが、これらの副作用が出ることがあるという事は事前に確認をしたうえで使用するようにしましょう。

ラブグラは成分がしっかり体に回るまでに30分から1時間ほどかかります。
そのため性行為を行う1時間前ぐらいに服用するのがベストなタイミングです。
腸で吸収される薬ですので、脂っこい食事の後ではあまり効果が無いケースもあります。
効果も高まりますので、できれば空腹時に服用するように心がけましょう。